Can't stop the beat!~とばちゃんのラン日記~

日々のランニングやマラソン大会の記録(たまに家族のこと)を書いています。

【やや詳報】渡良瀬遊水地マラソン大会

家から渡良瀬遊水地は約55キロ、一般道で約1時間半である。

9:00受付開始、10:00スタートなので、余裕をもって7:00に家を出た。

フルマラソンの参加者は200人と少人数なので、受付・スタートとも混雑することがなく、イライラしがちな私もストレスなく、レースに挑むことができた。

距離調整のためスタートしてからコースを逆走し、折り返し後7周するグルグルマラソン大会だ。周回コースのフルマラソンは初めてだったので飽きてしまうのではないかと不安だったが、集中力は最後まで保てたようだ。
f:id:tobarun:20201104095241j:image

当初は30キロまでは自重して5分/㎞で走り、30キロ以降ペースを上げて、3:30を切る作戦だった。しかし、ブロ友さんの自己ベスト更新&サブ3.5情報が入ってきて、ライバル心が芽生えた。そして作戦に不安を覚えた。5分/㎞で走って終盤に失速したら、3:30は切れないんじゃないかとか、会場に着くまでの運転中もいろいろ考えていた。
f:id:tobarun:20201104095256j:image
f:id:tobarun:20201104095306j:image
f:id:tobarun:20201104095316j:image

結局スタートから33キロぐらいまでは4分45秒/㎞で走ってた。注意して走らなかったら、もっとペースを上げていただろう。調子が良かった。30キロ辺りでは‟いつもみたいに終盤に歩くことはないだろう。最後にペースを上げることができれば、3:20ぐらいでフィニッシュする。自己ベスト更新だ。ブログ記事のタイトルどうしよう”と考えていた。
f:id:tobarun:20201104095324j:image

しかし、最終周回に入ってすぐ歩き出してしまう。右足のふくらはぎとアキレス腱の間(ヒラメ筋?)が攣ってしまった。左の足の裏も痛い。f:id:tobarun:20201104114545j:plain

以後、歩いたり走ったりを繰り返すいつものパターンだ。

f:id:tobarun:20201104095332j:image

艱難辛苦の末、泣きそうになりながらフィニッシュラインに到達した。人生6度目のサブ3.5(笑)2016年3月の板橋cityマラソン以来、4年半ぶりだ。

 

今回はたまたまショップで1万円以下で安売りしていたズームフライ3を履いた。私は今までアシックス担当だった。ナイキもいいんじゃないと思うが、シューズに1万円以上はかけられない。


【感謝の念】
今年はコロナでマラソン大会が軒並み中止・延期になる中、走る場を提供してくださったスタッフの皆さま、ありがとうございました。

一緒に走ってくださった参加者の皆様、ありがとうございました。